男性のきもの 紋付き羽織袴

男性の正装や準礼装には、紋付き羽織袴をつけるのが基本です。

この装いは、結婚式や叙勲の式、成人式、大学の卒業式から、葬儀や告別式まで、慶弔両用に用いられます。慶弔とも、羽織紐と半衿は白が基本です。

五つ紋をつければ正装、三つ紋や一つ紋なら準礼装になります。

 

 

羽織紐(はおりひも)
正式な羽織紐は、丸打ちの白い組紐

袴(はかま)
正装の袴は、白と黒の縞織り。縞が細かいほど年配向き

末広(すえひろ)
地紙の骨の両面に張った扇。男性用は地紙は表裏ともに白、骨は女性用の漆塗りとは異なり、竹骨。

雪駄(せった)
履物は白い鼻緒の畳表の雪駄が正式。