3歳のきもの

江戸時代には3歳になると男女とも、髪を伸ばし始める「髪置きの祝い」を行いました。現在は3歳の女児が中心です。祝い着は、帯付きより軽く装える被布姿が主流です。

 

被布(ひふ)
小さな丸い衿に房つきの組紐飾りがついている。子どもの場合は袖のないタイプが一般的。

草履(ぞうり)
3歳児は木履よりはきやすい草履を。