雨の日の着物

せっかくの着物でお出かけする日に雨の予報。
でも雨対策の準備があれば、安心してお出かけすることができますね(周りの方から少し着なれているように見られるようです)。

♪ 雨ゴート

雨の日は、防水・撥水をほどこしたコートを着れば、大切な着物も汚れません。
足元が一番濡れやすいので、裾まですっぽりと隠れる丈を選びましょう。

高級雨ゴートはたくさんありますが、インターネットでお手頃価格で売られているもの(かなり薄手)のものでも特に問題ありませんでした。
道行と裾よけの上下に分かれた二部式なら既製品でも丈が合わせやすく便利なのでおすすめです。

♪ 雨草履

式場など改まった場所なら、雨が降っていても草履を履きます。
取り外しのできる雨用カバーは履き替える手間が省けるので便利です。
カジュアルな場所なら、思い切って着物の裾を短くしてレインブーツを履くこともあります。

♪ 着物の裾が汚れないか心配・・

雨ゴートを着用するなら、着物の裾をまくり、帯にひっかけるか着物クリップで留めておきましょう。
ひざ下は長襦袢だけの姿になりますが、雨ゴートを着用すれば誰にもわかりません。
目的地に着いたら、気づかれないようにこっそりと元に戻します。

♪ 雨の日の歩き方

泥はねは歩き方次第で防げます。
つま先を内側に向けて、ハの字に歩くようにすると、かかとが外側を向くので、泥が外側にはねて着物につきにくくなります。
泥はねがついてしまったら、乾いてから汚れを取ります。
雨の日だけでなく普段からこの歩き方が美しい所作になります。