江戸小紋で入学式へ

先月の卒業式が終わったのもつかの間、今月は入学式へ行って参りました

前日の雨が心配でしたが、願いが届き当日は晴れてくれました
(かなりの暴風でしたがまぁ雨じゃなかっただけOK

この日のコーディネートは、江戸小紋と金糸が入った袋帯にしてみました

(学校が生徒と保護者であふれかえっていたため、揃って写真を撮ることを断念し記録用の自撮り

 

※江戸小紋とは
地色と柄色との二色で染め上げられ、色無地と同格に扱われます。
今回のように袋帯を締めて、お子様の卒入学式に参列できますし、名古屋帯を締めて少し格式を下げて着ることもできます。
「鮫」「通し」「行儀」という文様は江戸小紋を代表する文様で「江戸小紋三役」と呼ばれています。

 

お着物のお母様は数名いらっしゃいました
やっぱりこういった子どもの節目行事に、お祝いの気持ちを込めて着物を着たい・・・
私と同じ気持ちのお母様がいらっしゃるって、とても嬉しいです

 

 

私も「子どもの行事に着物を着て行きたい」と思ったのが、着物を習ったきっかけでした。
やっぱり自分でコーディネートして、自分で着物を着られるのって楽しいですね

 

帯揚げは、お花アレンジにしてみました
シンプルな着物のワンポイントアレンジとして取り入れてみるといいですね