季節を感じる夏着物でお稽古

気温が30度超える日も出てくれば、雨が降ったり不安定な天気が続くこの頃です

生徒様はこの日、涼しげで素敵な夏着物をお持ちになりました

 

ちょっと余談ですが、
着物の文化では自分の趣味嗜好はもとより、相手を思いやる着こなしを必要とされています。涼しげな着物を着ていたら「涼しそうね〜」、暖かい色味や袷(裏地付き)の生地の着物を着ていたら「暖かく感じるわ〜」と相手に思われるように、季節を先取りするコーディネートも考えていくようにしていきます。

とは言え、着物を始めたばかりの方はまずどれを揃えていいか、どこまで揃えなきゃいけないのか、自分が持っているものはどの季節が適切なのか心配になりますよね。

お稽古では、最低限あった方がいいものや、場面場面に合わせた着物コーディネートをお伝えしていきますので、ご安心下さいね。

 

前置きが長くなりましたが、生徒のお稽古は前回の復習から始めました

 

長襦袢や着物の着付けは、手順やポイントを押さえるのになかなか大変ですが、「着崩れない+苦しくない+美しさ」を出すためにここはじっくり抑えたいところです

夏着物で生地が薄くて軽い分、なかなか思うようにいかないのも確かです。

でも、代わる代わる違う生地の着物でお稽古しておけば「この生地やったことがない…」なんてことにならないから生徒様にはいろいろな着物をお稽古の時にお持ちくださいね、とお伝えしています。

 

生徒様は、前回の復習も兼ねて頭の中を整理するようにメモをとっていらっしゃいました。これでご自宅に帰ってからも復習できますね!

↑ん・・着物でメモを取る姿も色っぽいですね…

 

裾つぼまりの作り方から、裾丈を変えないこと、シワの取り方など今日も盛りだくさんの内容でしたが、頑張ってくださいました。

じっくりやったからこその美しい着姿の完成です

 

終了時間まで少しあったので、お持ちの半幅帯で大人可愛いリボン結びをやってみました
こちらも後ろ姿が美しいですね~

 

来月は浴衣でのお出かけが予定されているとのことなので、次回は、浴衣のお稽古を挟む予定です

生徒様のご要望に合わせて、お稽古内容をコーディネートできるのも個人教室の良さですよね
花火大会や盆踊り・・いっぱい浴衣や着物でおでかけしてほしいです

 

次回も頑張っていきましょう