この夏は浴衣で!されど浴衣

この夏は浴衣でのお出かけが決まっているという生徒様。
前回のお稽古でお話をお聞きし「それならば、浴衣やりましょ!」とご提案、時期的に最高だったので今回は浴衣のお稽古を挟みました

 

ちょっと余談ですが、「されど浴衣・・」というお話です。
今は動画などで簡単に着付け方法が見られる時代です。
手軽に教えてくれるので、浴衣を身近に着てもらうには効果的

でも、薄手の浴衣だからこそある「大事なポイント」や、それぞれ着る人に合わせる「補正」は、なかなか一般的な動画だとわかりにくいのではないでしょうか。
手軽な浴衣だからこそ、ここでしっかりとお稽古して学んでいただきたいと思ってます。

当教室では、2時間の浴衣と帯のお稽古と講師手直し付きでそのままお出かけできるコースをご用意しておりますので、少しでも気になったらお問い合わせくださいね

浴衣デビューコース(夏季限定)

 

 

さて、本題に戻りましてお稽古では、生徒様のお出かけの実践さながら、家でも確実にできるように手順やポイントを学ばれていました

衣紋の開き具合丈の長さは、要チェックです
衣紋は大人の色香が漂うように開き、丈は仕上げの長さがくるぶしです。

帯結びは大人かわいい「りぼん結び」ですが、リバーシブルのアレンジもばっちり決まりました

前部分のアレンジは、生徒様も「可愛い~」と感激いただき、二人で盛り上がってました

先生のおかげです。めっちゃ感激でした!」と、後日生徒様から嬉しいメールもいただきました
私もそのようなお言葉をいただき、嬉しくなります。ありがとうございます。

 

半幅帯も今ではいろいろな種類がありますね。
長さや柔らかさが異なるように、帯結びの形によって少し「向き不向き」があります。

兵児帯のように柔らかい帯には、柔らかくリボン結びをしたり、フレアにしたりして揺れを楽しめると思います。
一方、ハリのある半幅帯は、カチっとしているのでカッコよく形が決まります。

2時間のお稽古の中で、浴衣の着付けと帯結び2つ、アレンジなど盛りだくさんの内容でした

お出かけ楽しんできて下さいね〜